あさひ幼稚園

札幌市白石区平和通10丁目北7-56

011-864-7511

園の紹介

あさひ幼稚園について

由来

すべてのものの上に、暖かい愛の光を公平・無私にふりそそぐ太陽、希望の象徴である『あさひ』を園の精神とし、子どもたちがさんさんとふりそそぐ『あさひ』の中で、健やかに豊かに育まれることを願い、また、地域町内会の名称『旭』にちなんで名付けられました。

創立

昭和43年4月1日に開園し、今年で50年めを迎えました。この間の卒園児数は5,190名になりました。

教員数

13名

園児数

3歳児2クラス、4歳児2クラス、5歳児3クラス、計145名

クラス編成

年少組 : たんぽぽ組・ちゅうりっぷ組

年中組 : ひまわり組・うめ組

年長組 : ゆり組・さくら組・ふじ組

※年少組から年中組へ進級する際にクラス替えがあり、新入園のお子さんを交えたうえで、クラス編成をします。

※年中組から年長組へ進級の際は、クラス替えはありません。

その他

送迎バスについて 預かり保育について

給食とお弁当について(平成29年度)

給食  : 週3回(月・水・金曜日)

お弁当 : 週2回(火・木曜日)

 給食は、業者に委託しています。
 メニューは和食・洋食・麺類・パン等織り交ぜ、栄養士の方が献立をたてています。
 給食委託業者の方をお招きし、保護者の方に普段、お子さんが食べている給食や給食委託業者について知っていただく給食試食会の機会を設けています。
 献立は毎月発行する「給食だより」でお知らせします。
 アレルギーがある場合はご相談いただき、アレルギーのある食べ物の部分を他のおかずに代替えが可能です。

※アレルギーのある食べ物の種類により、対応できない場合もあります。

園内設備

園庭(グラウンド)

 園庭は、およそ2,915㎡の広さがあります。これは、幼稚園設置基準の約4倍にあたり、四季を通し、ここで園児たちの自発的な活動の場として、遊びを通しての指導がなされています。園庭には、サクランボやりんご、どんぐりや栗の樹木があり季節ごとに花や実をつけます。園庭にある畑には、毎年子どもたちが、野菜や花を植え、毎日観察を続け、収穫や成長を喜び合っています。

園舎

 十分ゆとりのある保育室や、広いホールでのびのびと活動を行います。
 ホールのステージ上の壁は、特殊加工の壁になっており、壁一面に絵を描いて遊ぶことができます。
 1保育室は、壁を収納して2つのクラスをつなげることができるようになっており、活動内容によって、あそびの幅が広がります。

屋内プール

 ホールから繋がっている屋内温水プールは、暖房設備・温水設備・水質管理を行う測定機器が完備されています。プール施設内に、トイレやシャワーを設置しておりますので、入出水時の衛生にも適応しております。

AEDの設置

 心臓突然死などから、幼児を守るため、AEDを導入しています。教職員は、年間複数回使用方法や心配蘇生法の講習に参加し、万が一の状況に備えています。